焼酎ができる過程

全国各地で祭りなどに欠かせない焼酎は、今では様々な銘柄が誕生しています。全国的に有名な焼酎から少数しか知らない美味しい焼酎など様々ですが、その焼酎の起源はいつ頃から始まったのでしょうか。
こちらでは、焼酎ができる過程を紹介しています。お時間がある方はぜひご覧になってみて下さい。

日本での焼酎の始まり

焼酎の技術は14世紀ごろ、タイから琉球王国へ伝えられたとされています。そこから室町時代に、琉球王国から日本へ伝わったのが始まりとされ、明治時代初期の製造方法は単式蒸留器が用いられていました。中期からイギリスより連続式蒸留機が輸入され、高純度アルコールが安く、大量の生産が可能になりました。

単式蒸留機で製造した旧式の製造方法

イギリスから連続式蒸留機が輸入される以前の単式蒸留器を用いて製造したのを旧式焼酎と言います。こちらの製造方法は原料となる米や大麦に麹を生やし、水と酵母を追加し5日ほど発酵させます。そして最初の仕込みで、もろみを製造します。もろみに主原料と水をさらに追加して、10日ほど発酵させます。

次の仕込みで、麦を使用すると麦焼酎となり、主原料をどのように使用するかで名称が変わっていきます。その後、発酵の進行具合によって、糖分がアルコールへと変わりもろみを蒸留します。蒸留は1回だけになる為、麦や芋の独特の風味に加え、旨みが味わえます。

連続式蒸留機を使用した新式の製造方法

単式と違い、連続式蒸留機を使用して製造したのを新式焼酎と呼びます。こちらの機械では蒸留する回数が単式よりも多くなる為、アルコールの純度が高くなります。また麦や芋の風味は単式のほうが強くなりますが、様々な変化を加えることが可能になる他、大量生産も可能になります。
チューハイなどもこのような製造方法が利用されており、麦を使用した焼酎は米焼酎よりも飲みやすく、癖もあまりない為、人気となっています。

地酒や日本酒を中心に提供している 「たかなし」は、東京の港区芝大門にある和風居酒屋です。「たかなし」では、新鮮な魚介類を全国から取り揃えている他、その時期にもっとも美味しい地酒や店主が納得したおすすめの焼酎を全国から入荷して提供しています。旬の地酒や純米大吟醸、大吟醸など様々な焼酎や地酒をこちらでは楽しめます。ネットでご覧になれるランキングなどを参考に、人気の地酒や焼酎をぜひご賞味ください。