四季を愉しめる旬の美味しい魚

四季に恵まれた日本は、旬の食材を食べることで季節を愉しむことができます。こちらでは、四季を愉しめる旬の美味しい魚を紹介いたします。

春に美味しい魚

鯛は脂肪分が少ない割に旨味成分が豊富です。
ご飯と一緒に炊き上げる鯛めしは鯛の旨味だけでなく、身まで全てを美味しく食べることができます。

いさき

釣り好きな方はよくご存じな魚で、春から夏にかけて旬をむかえます。
焼き魚が一般的な食べ方ですが、新鮮なものは刺身で召し上がっても美味しくいただけます。

夏に美味しい魚

タチウオ

海水温の上がるこの季節、タチウオは脂がのってきます。
身質がいいのでシンプルな塩焼きでも美味しく、淡白な味わいながら火を通すことで旨味が増します。

カンパチ

通年水揚げされるカンパチですが、実は夏が旬な魚です。
刺身やすしネタとしてポピュラーなカンパチは、鮮度が良いとシコシコとした触感が楽しめます。

秋に美味しい魚

サンマ

秋の代表的な食べ物と言っても過言ではないと思います。旬なサンマは脂も程よくのってもっともおいしく頂くことができます。

川に遡上する直前の秋鮭は脂がのって最高に美味しい状態です。筋子やイクラも旬の時期です。

冬に美味しい魚

ブリ

春に産卵を迎えるブリは冬場に最も脂がのります。
寒ブリとして刺身や照り焼きはもちろん、関西では昆布の出し汁にサッとくぐらせてポン酢で食べるブリしゃぶが人気です。

タラ

冬の代表的な魚であるタラは、ほのかな甘味と淡白な味わいが鍋物に重宝されます。また、卵巣は白子として調理されます。

季節ごとに様々な旬の魚を味わってみてはいかがでしょうか。大門駅から徒歩2分の和風居酒屋「たかなし」では旬の食材を使った料理と、全国の蔵元の中でも店主が納得した旬のお酒を提供しております。また、「たかなし」では宴会コースもご用意しております。
地下一階は最大25名様での宴会も可能ですので、浜松町界隈で忘年会や歓送迎会などのご宴会時にぜひご利用ください。