日本酒の種類について

全国各地にある地酒は、その土地ならではの日本酒を味わうことができます。
都内に居ながら全国の地酒を飲めるのは楽しいものです。日本酒を最近飲めるようになったという方へ、日本酒の種類についてご紹介いたします。

日本酒の種類

日本酒は若者に好まれるお酒ランキングにも入るお酒として人気があります。
焼酎やビールなどと同様、種類によってそのお酒が出す風味や香りが変わります。

吟醸酒

精米歩合60%以下の白米が原料とされています。低温で時間を掛けて発酵させ吟醸酒ができます。
吟醸酒の風味は淡麗で、フルーティーな香りが感じられます。

大吟醸酒

精米歩合50%以下の白米が原料です。大吟醸酒は、昔は品評会だけのために作られたお酒であることから、幻のお酒と言われていました。
現代では、多くの方に飲まれている日本酒です。吟醸酒のフルーティーとは違い、大吟醸酒はデリケートな味わいです。

純米酒

精米歩合の規定はなく、アルコール添加がされていない米と米こうじで造られたお酒のことです。
純米酒は、他の日本酒と比較すると米の旨みを活かしたコクのある日本酒と言えます。

日本酒の辛口・甘口とは

日本酒や地酒などによく見られる辛口や甘口は、お酒の糖分で分けられています。
お酒の糖分は+(プラス)や-(マイナス)の数値で表されます。また日本酒酸度によっても辛口と甘口が変わります。

  • +6.0以上…大辛口
  • +3.5~+5.9…辛口
  • +1.5~+3.4…やや辛口
  • -1.4~+1.4…普通
  • -1.5~-3.4…やや甘口
  • -3.5~-5.9…甘口
  • -6.0以上…大甘口

辛口や甘口の好みは人それぞれです。ご自分に合った日本酒を探してみましょう。

それぞれ特徴のある地酒を「たかなし」で味わってみませんか。店長がこだわって選び抜いた地酒や焼酎をお客様へご提供いたします。
地酒は種類も豊富にご用意していますので飲み比べをしてみてください。